投稿日時:

正式な文書を作成しようとしてそのフォーマットや決まり文句に悩み、調べるのはよくあることです。また、Wordで罫線の入ったフォーマットを作成する際に配置に苦労した経験がおありの方もいらっしゃると思います。
実際の文章を打つよりも調べたり編集したりすることに時間を取られがちという方は、かなり多いのではないでしょうか。

Wordは「文書作成」を支援する機能を豊富に用意しています。
中でも下記の二つの機能は、自分で調べなくても正しい文章やフォーマットによる文書作成を可能にし、また実際の入力自体を大幅に低減します。

【テンプレート】
文書の「ひな型」の一覧から選択し、簡単に文書を作成できます。
各種案内状・送付文など定型的な文書だけでなく、FAXの送付状・カレンダー・履歴書のフォーマットといった罫線やレイアウトを設定したものもあります。

(2003)メニューバーの [ファイル] → [新規作成] 画面右側の作業ウィンドウの [このコンピュータ上のテンプレート] を選択
(2007)[Office] ボタン → [新規作成] → [テンプレート]
(2010)[ファイル] タブ → [新規作成] → [テンプレート]

【定型文】
「記」~「以上」、「拝啓」~「敬具」などの定型句は、入力オートフォーマット機能により、文言が自動的に入力されます。
また、[挨拶文] 機能を使うと時候の挨拶などの入った定型文が簡単に作成できます。

(2003)メニューバーの [挿入] → [定型句] → [定型句]
(2007・2010)[挿入] タブ → [挨拶文]

(担当:瀧川 仁子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>