トップページ »ライブラーニング®

1日でできる講座一覧

クリエイティブ系講座

キャンペーン情報

グループ受講特典

法人受講特典

その他のメニュー

セミナールーム・日程

教育サービスのご案内

お申し込み/お問い合わせ

会社紹介

パートナー企業一覧

オフィシャルブログ

セミナー動画紹介

テキスト出版のお知らせ

ExcelVBAセミナーテキスト

ExcelVBAセミナーテキスト
2010/2007/2003対応

日経BP社より好評発売中!

社員研修・社員教育セミナーの一括見積もり

一日速習は、次のステージへ! ライブラーニング(R)で、自分だけのカリキュラムを、いつでもマンツーマン受講!

「最良の教育」とは

「最良の教育」とは何か。教育の根本を問うこのテーマに対し、フロンティアリンクはこれまでも様々な取り組みを通じ、その実現に貢献したいと考えてきました。2007年に開始した「一日速習」及び2010年に開始した「ライブセミナー」は、おかげさまで全国一万人を超えるお客様にご利用いただいており、「時間と場所の制約の低減」を実現する教育の仕組みの一つとして、ご評価いただいているものと考えております。

一方で、これまで受講いただいたお客様からはお褒めの言葉だけでなく、様々なご意見もいただいております。


貴重なご意見は大きく分けますと「受講ペース」「受講内容」「受講日時」に関するものとなります。例えば「思っていたよりもペースが速かった(遅かった)」「期待していた内容よりも講座が難しかった(易しかった)」「自分の都合とセミナー開催日程が合わない」等です。

これらのご意見から、「最良の教育」に関する一つの回答が見えてきます。
すなわち、フロンティアリンクが考える「最良の教育」とは、

  • マンツーマン指導
  • 自分だけのカリキュラムを、自分のペースで受講可能
  • 日時も柔軟に選択可能

以上の要素を満たすものとなります。

まず、「最良の教育」において最も大切な要素は「マンツーマン指導」であること、これは容易に想像できるところだと思います。自分自身のレベルやニーズに合わせて、カリキュラム内容や受講ペースを講師が柔軟に設定・調整することが出来れば、理解度が高まることは間違いありません。「自分が望むカリキュラム」を「自分のペース」で受講することで、学習に対する満足度も高くなりますが、これを実現する最も効果的な方法が「マンツーマン指導」となります。一方で、マンツーマン指導が可能であるとしても、それが「月に1回のみ」等、自分で好きな日時を選択できない場合には、やはり満足度は下がってしまいます。「柔軟な日時選択」も、最良の教育を考える上での重要なポイントであることは間違いありません。

「自分だけのカリキュラムを、マンツーマンで、いつでもどこでも受講できる」

これこそが、「最良の教育」のあるべき姿であると、フロンティアリンクは考えています。

次世代型教育システム「ライブラーニング®」とは

「ライブラーニング®」は、「自分だけのカリキュラムを、マンツーマンで、いつでもどこでも受講できる」という「最良の教育」を実現するために、7年に渡るフロンティアリンクの教育提供実績に基づいて考案された、次世代型の教育システムです。

ライブラーニング概念図

ライブラーニング®とは、一言でいえば「講師の生講義」と「ビデオ学習」の融合によるマンツーマン教育システムです。

学習を進める際の内容は、「誰にでも共通の、覚えなければならない基本事項」と「興味・関心や現在のスキルレベル・理解度によって個別に変更する部分」の大きく2つに分けることが出来ます。これらをマンツーマンで一人の講師が全て講義することが理想ではありますが、それでは一人の受講者に対して一人の講師が必要となります。クオリティの高い講義を行うことが可能な講師の数には限りがあるため、このような仕組みでは受講者の数を大きく制限しなければならなくなりますので、「誰でも気軽に受講できる」という環境の実現は難しくなります。

誰もが気軽にマンツーマンでクオリティの高い学習を進められる環境の実現を考えた際には、上記の学習内容区分、すなわち「共通の基本事項」と「個別指導部分」の2点に注目することが効果的です。

ライブラーニング®では、「共通の基本事項」は経験豊富な講師が担当する、理解しやすく高品質な講義内容をビデオ化することで「高クオリティの講義を、誰もが、いつでも、好きなペースで、何度でも」受講することが可能になります。そして「個別指導部分」は講師がその場でリアルタイムに担当することで、質問回答やアドバイスなどのきめ細かな対応を、受講者が必要なタイミングでいつでも行うことが出来ます。また、「ビデオ講義」と「個別指導」を最新のIT技術によってリアルタイムに、いつでもその場で切り替えられるようにすることで、講師が実際にマンツーマンですべて指導するのと同等のクオリティで、より多くの受講者の方にマンツーマン指導を行うことを実現できます。

さらに、ライブラーニング®においては、フロンティアリンクの一日速習・ライブセミナーで培ったリアルタイムモニタリングシステムを融合し、受講者の進捗を講師が細かく確認できる仕組みを採り入れています。日本語入力の変換の仕方から、プログラミング時のソースコード入力間違いまで、全ての操作状況を講師がその場で確認していますので、初心者の方から上級者の方まで、安心して受講することが可能です。一方で、ビデオ講義部分については、受講者の要望やスキルレベルに応じ、必要に応じて受講内容の入れ替えも可能となっています。例えば「初級編の講座に参加したけれど、分かっている内容もあって物足りない」あるいは「応用編の講座から参加したけれど、基礎をよく理解していなかったので講義内容が難しく感じる」等の場合でも、講師が受講内容をその場でカスタマイズ出来ますので、受講者一人一人のニーズに合わせた、最適なカリキュラムで学習を進めることが可能となります。

また、ライブラーニング®では、ライブセミナーシステムをベースとした、場所を問わない受講も可能となっています。ライブセミナー同様に、東京での受講と同等のクオリティで、全国にあるフロンティアリンク ビジネススクールでのライブラーニング®による受講が可能ですし、インターネット回線とPC環境が用意できれば、職場や自宅等での受講も可能となります。

「自分だけのカリキュラムを、マンツーマンで、いつでもどこでも受講できる」

ライブラーニング®は、「最良の教育」を実現するための一つの回答になると、フロンティアリンクは考えています。

*ライブラーニング®は、フロンティアリンク株式会社の登録商標です。

ライブラーニング® 良くあるご質問

「ライブラーニング®」は、従来のビデオ学習やeラーニング、すなわち「片方向の受身型学習」とは異なる、全く新しい「対面・双方向型」のマンツーマン・リアルタイム教育システムです。ビデオ学習の利点である「自分のペースで」「繰り返し」学習可能な点は受け継ぎつつ、講師がその場で詳しく説明をしたり、受講進捗を見ながら確認・アドバイスを行うことも可能ですので、通常の集合研修以上のクオリティと受講効果を得ることが可能となります。

ここでは、ライブラーニング®について良くいただくご質問への回答をご紹介しながら、ライブラーニング®の仕組みを詳しくご説明いたします。

Q:ビデオ学習ですと、どうしても「受身型学習」になりませんか?


A:ライブラーニング®の最大の特色は「リアルタイム・双方向型のビデオ学習」の仕組みを提供可能なことにあります。むしろ、通常の集合研修よりも「受身型学習」になる可能性は低いと考えています。

「ビデオ学習」と聞いてイメージするのは、おそらく「60分等の長いビデオを見続ける」ということではないでしょうか。また、「集中力が続かず、途中で飽きてしまうのでは」というご心配もおありかと思います。

ライブラーニング®においては、各ビデオ教材の長さは平均で1~3分程度、演習等の長いものでも5分程度となっています。講師が通常のセミナーにてポイントを一つ説明する際と同程度の長さにビデオ教材を収め、各ビデオ終了時には受講者が「次に進むか」「再度確認するか」「講師に質問するか」を都度選択できるようになっていますので、自分自身の理解度を一つずつ確認しながら、確実に受講ステップを進めていくことが可能です。さらに、受講中の受講者画面操作の様子はもちろんのこと、ビデオ終了時の「次に進む」「再度確認する」「質問する」操作の選択状況も講師がリアルタイムに確認していますので、例えば「ビデオ終了後に何も操作をせず、次のステップに進んでいない」場合は、すぐに講師が確認・アドバイスを行うことが可能です。

このように、「再生されたビデオを単に見続ける」従来のビデオ学習とは全く異なり、「講師がポイントを説明し」「受講者の理解度を確認し」「次のステップの説明、または再度現在のポイントを受講者が理解できるまで説明する」というマンツーマン指導のプロセスを完全に再現している学習システムがライブラーニング®となります。「リアルタイム・双方向型のビデオ学習」の仕組みにより、集中力が途切れることなく、自分自身のペースで確実に学習ステップを進めることが可能となっていますので、ご安心いただければと思います。

Q:講師のマンツーマン指導はどの程度受けられますか?


A:時間制限等は特にございませんが、平均して1~2時間程度とお考えください。

ライブラーニング®においては、講師のマンツーマン指導・アドバイスは主に

  1. 開始前のカウンセリング・スキルレベルチェック・カリキュラム設定
  2. 受講中の個別質問対応・アドバイス
  3. ビデオ以外の内容での個別指導

この3つに分けられます。

ライブラーニング®においては、受講開始前に講師と受講者の間での個別カウンセリングを行います。これにより、受講者のスキルレベルや受講したい内容、現在困っている点などを明確にした上で、必要に応じて使用するビデオ教材の取捨選択を行うことが可能となります。この段階で講師としっかり個別に話をすることで、ビデオ学習で学べるポイントと講師が直接説明をする必要があるポイントを切り分け、効果的に学習を進めるための準備を行います。

ビデオ教材の受講中に関しては、説明や操作等が不明の際はいつでもリアルタイムに講師と話をすることが可能です。また、受講の状況に応じて講師側から受講者のビデオ再生を止め、講師が直接アドバイスを行うことも可能です。通常の集合研修の場合は「講義」と「質疑応答・進捗確認」を一人の講師がすべて担当するため、特に受講人数の多い場合などは細かい質問等への対応を進行時間の関係でお待ちいただく必要がある場合も発生しますが、ライブラーニング®の場合は講師は「質疑応答・進捗確認」と「個別指導」に専念できるため、よりきめ細かな説明・アドバイスを長時間行うことが可能であるというメリットがあります。

このように、ライブラーニング®によって、マンツーマンで講師とやり取りが可能な時間を従来の集合研修よりも多く確保することが可能となります。「ビデオ学習だから単にビデオを観るだけ」では決してなく、むしろ「ビデオ学習と講師の直接指導の融合」だからこそ、よりきめ細かなマンツーマン指導を講師が長時間提供可能であることをイメージしていただければ幸いです。

Q:講師は受講場所にいて、すぐに対応してくれるのですか?


A:東京での受講時は講師がその場にいて対応します。それ以外の場所での受講時は、ライブセミナーと同様に、インターネット経由での生中継形式となります。

ライブラーニング®においては、講師の指導はライブセミナーと同様に「東京の講師が、全国すべてのセミナールームを同時に担当する」形式で行われます。従って、東京でのマンツーマン指導は講師がその場で直接行い、それ以外の場所についてはライブセミナーシステムを使用した「講師画面・受講者画面・音声・映像のリアルタイム通信」によって、遠隔でマンツーマン指導が行われます。

ライブセミナーシステム自体は通常の一日速習セミナーでも4年間・3,000名様以上の指導実績がありますので、東京以外の場所についても、東京でのご受講と同じクオリティで、安心してご受講いただくことが可能です。なお、ライブセミナーシステムの詳細につきましては、[こちら] もご参照いただければ幸いです。

また、講師についてはご参加人数に応じ、1~4名の講師が常駐します。1名の講師が担当する受講者の人数を最大でも6名程度に限定することで、受講場所に関係なく、きめ細かな直接指導を行うことが可能な体制を構築していますので、安心してご参加をいただければと思います。

以上、お客様からの代表的な質問を掲載いたしました。ご参考としていただければ幸いです。

なお、上記以外のご質問・ご相談につきましては、お気軽にお問い合わせいただければと存じます。
ご不安のない状態で、安心してご受講をいただければと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ライブラーニング® お客様の声

ここでは、ライブラーニング®を実際に受講いただいたお客様のアンケートにおけるコメントを一部抜粋してご紹介いたします。
コメントは記載いただいた内容をお客様の直筆にて掲載しております。

Excel初級セミナーご受講 女性

Access初級セミナーご受講 女性

Access初級セミナーご受講 女性

Access応用セミナーご受講 女性

Excel応用セミナーご受講 女性

PowerPoint初級セミナーご受講 男性

ライブラーニング® 満足保証キャンペーン

ライブラーニング ご満足いただけない場合は受講料を100%返金いたします

フロンティアリンクがライブラーニング®を提供する一番の理由は

「お客様がより深く理解し、満足できるセミナーを提供したい」

この一点に尽きます。これまでも長期間にわたり「少人数・対面形式」及び「ライブセミナー」を提供してきたフロンティアリンクの指導実績・経験・ノウハウを全て惜しみなく注ぎ込んだライブラーニング®は、スキルアップを真剣に考えられている全ての皆様に、従来のセミナーよりも高いレベルでご満足いただけるものであると考えております。

今後のあらゆる「教育」の基本的な提供形態の一つになるライブラーニング®を、フロンティアリンクは自信を持ってお薦めいたします。

そこで、フロンティアリンクでは「お客様のご受講に関する満足度」を保証したいと考え、ライブラーニング®でのご受講に際し、万一ご満足いただけない場合は「受講料を100%返金」させていただくことにいたしました。

最新の学習システムであるライブラーニング®にて、セミナーをこれまで以上に効果的に、かつ安心して受講いただき、お客様の業務にお役立ていただければと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ライブラーニング ご受講のスケジュール

一日速習 ライブラーニングについて

開催日、一日にて終了します。セミナー時間は以下の通りです。

  • セミナー時間1  10:30~16:30
  • セミナー時間2  10:30~17:00
  • セミナー時間3  10:30~17:30
  • セミナー時間4  10:30~18:00
  • セミナー時間5  10:30~18:30

なお、ライブラーニングはマンツーマン指導のため、開始時間及び終了時間はご自身のペースや予定に応じて変更することも可能です。セミナー料金には標準受講時間+1時間までの教室使用料・指導料を含んでおります。この時間を超えての受講をご希望の際は、3,000円/時間(税別)の教室使用料・指導料を申し受けますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

セミナールームの営業時間につきましては、セミナールームによって異なりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談くださいませ。

また、ご受講日程につきましてはこちらをご覧ください。なお、掲載日程以外でも同時お申し込み人数によっては追加開催が可能です。 詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

自宅・職場等でのライブラーニング受講について

自宅・職場等でのライブラーニングをご希望の際は、原則として以下の環境及び機材を全てご用意いただけることが前提となります。

  • インターネット回線
    (光回線推奨、ADSL/モバイルLTEは要確認、モバイル3G回線は不可)
  • PC2台、もしくはPC1台+外部モニタ1台(モニタ計2台)
    (PC2台の場合、いずれもインターネット接続が必要)
  • 受講に必要なソフトウェア一式
  • ヘッドセット(ノートパソコン等の内蔵マイクは不可)

PCにつきましては、受講時に遠隔でモニタリングするための専用ソフトを実行していただきますので、管理者権限が必要となります。

また、インターネット回線速度及び受講環境の事前確認作業が必要となります。作業時間は約30分で、有料(5,000円・税別・1回)となります。なお、事前確認作業の結果、自宅・職場等でご受講いただけない場合につきましても、確認作業料金を申し受ける形となりますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。受講環境のご準備が難しい場合は、お近くのセミナールームにてご受講をいただければ幸いです。

お申し込み方法

お申込からご受講までの流れ(一日速習セミナー・ライブセミナー・ライブラーニング)

WebフォームもしくはFAXにて、開催日前日の12:00までにお申込ください。なお、
「残席僅少」の際は、 お手数ですがお申込前にお電話にて予約状況をご確認ください。
TEL: 0120-128-369 / 03-6421-2531 (平日・土曜 9:00~18:00|日祝 10:00~17:00)
お申込受付後、1営業日以内にお申込内容のご確認メールをご送付いたします。
お申込内容のご確認をお願いいたします。
お申込内容のご確認メールご送付の一両日中に、受講票をメールにてご送付いたします。
当日はこの受講票をセミナー受付時にご提示下さい。
請求書が必要な方は請求書到着後、不要な方はご確認メール受信後、
1週間以内に銀行振込にてお支払下さい。お振込先はご確認メールにてお知らせいたします。
*お支払方法は銀行振込のみとなっております。何卒ご了承下さい。
当日は筆記用具と受講票をお持ち下さい。
皆様のお越しを担当者一同、心よりお待ち申し上げております。