トップページ »講座一覧»Office 2007/2010/2013 乗り換え 速習講座

1日でできる講座一覧

MOS対策講座

キャンペーン情報

グループ受講特典

法人受講特典

その他のメニュー

セミナールーム・日程

教育サービスのご案内

お申し込み/お問い合わせ

会社紹介

パートナー企業一覧

オフィシャルブログ

セミナー動画紹介

テキスト出版のお知らせ

ExcelVBAセミナーテキスト

ExcelVBAセミナーテキスト
2010/2007/2003対応

日経BP社より好評発売中!

社員研修・社員教育セミナーの一括見積もり
明日から使える知識を1日で!
Office 2007/2010/2013
乗り換え 速習講座
Office 2003以前のバージョンをお使いの方向けに、Office 2007/2010/2013の新しいインターフェイスや機能をご紹介する講座です。また、Office系アプリケーション全般を通じ、バージョンを問わず覚えておきたい「業務効率を上げる便利テクニック」も数多くご紹介します。
本コースではOffice2010または2007を利用した講習を行いますが、2013についての説明も行います。

各1講座10,260円 (テキスト代・税込) 3講座パック29,160円 (テキスト代・税込)
4講座パック31,320円 (テキスト代・税込)

コースID時間(各1.5時間)
PC03 10:30~12:00: ワード
13:00~14:30: パワーポイント
15:00~16:30: エクセル
17:00~18:30: アクセス
受講スタイル対応バージョン
集合研修
ご受講にあたって
こんな方におすすめ
  • Office2003やそれ以前のバージョンを使っている、もしくは使っていたことがある方で、2007以上の使い方に慣れたい方
受講前提スキル
  • Office2003やそれ以前のバージョンを使っている、もしくは使っていたことがある
目標スキルレベル
  • Office 2007/2010/2013の新機能が使える
ご受講のステップ
ステップの中心に表示されている講座が、現在選択されている講座となります。
arrow

選択している講座

Office 2007/10/13
乗り換え
arrow

次のおすすめ講座

研修内容
研修の進め方

Office 2007/2010/2013の新しいインターフェイスや機能を講義形式でご紹介します。また、覚えておきたい便利機能については、講義内容に基づいた練習を同時に行っていきます。

  1. 「メニュー・ボタン」と「タブ・リボン」並びに「Officeボタン(2007)」の対応関係
    Office 2003まででよく利用する「メニュー・ボタン」が、2007/2010/2013ではどこに配置されているかを説明します。「業務でよく利用するものがどこにあるのか」を効率的に学ぶと共に、2003→2007/2010/2013のバージョンアップによって変化した「インターフェイス」の「背景にある思想」をお話します。
    「2007/2010/2013のインターフェイスの思想」を知ることで、ボタン等の場所を探すことが楽になります。
  2. 「Office 2007/2010/2013」の新機能
    Office2007/2010/2013 では、SmartArtグラフィックやOfficeテーマといった共通のもの、あるいはExcelのシート拡張や並べ替え機能の強化といった個別のものを含めて、多くの新機能が追加されています。この新機能をご紹介し、併せて実務における活用例もお話します。
  3. Office・Windows共通の「便利機能」
    文字選択やコピー・貼り付け、画面の拡大縮小、日本語入力といった基本的な操作は「出来ている」と思いがちです。
    ですが、実はマウス中心の操作を行っている場合には、「知らないうちに」非効率な操作を行っていることも多くあります。
    本セミナーでは2007/2010/2013だけではなく、2003以前でも活用可能な「基本操作」に関する「便利機能」も数多くご紹介します。業務効率の大幅アップも期待できる重要なポイントになります。
ワード2010での文書作成SmartArtグラフィックの活用エクセル2010でのスパークラインの活用エクセルでのピボットテーブルの活用アクセスでの新規フォーム作成
講師からのおすすめポイント!
「2007からの新しいインターフェイスへの効率的な取り組み方」を始めとし、新機能や覚えておきたい便利機能を短時間で習得できます!Office 2007/2010/2013になり、これまでのOffice 2003までとはインターフェイスが完全に変わってしまっていますので、是非、本セミナーをスムーズな移行のきっかけにしてください。
受講されたお客様の声

実際にMicrosoft Office系の各研修に参加され、アンケートにご協力いただきましたお客様のコメントの一部を抜粋してご紹介いたします。

このページの先頭へ

オフィス(Microsoft Office)系講座 関連セミナー
よくあるご質問

エクセル系講座のご受講をご検討中の方からよくいただくご質問と、そのご回答を掲載しています。
なお、こちらに掲載されていない内容に関しての「ご受講前のご相談」も大歓迎です!このページ下側等にある「無料問い合わせフォーム」、もしくはお電話やFAX・メール等にて、お気軽にご相談ください。

エクセルを基礎から勉強したいのですが、初級編と超速編のどちらが自分には合っていますでしょうか?
ワードは使っているけれどもエクセルがほぼ初めての場合、または表や計算式の作成にご不安をお持ちの場合には「エクセル初級講座」でまずは基礎をしっかり習得されることをお薦めいたします。
基本的な表の作成やSUM関数のご使用経験をお持ちの場合には「エクセル超速講座」にて、基礎の復習からスタートし、その上でより高度な機能までを習得されることをお薦めいたします。

なお、ワードの利用にも苦手意識をお持ちだったり、ITスキルの基礎からしっかり勉強しておきたい方には、「オフィス超速入門講座」もお薦めです。
「オフィス超速入門講座」では、ワード・エクセル・パワーポイントの基本かつ業務でよく利用する機能を集中的に学習します。こちらの講座で基礎固めをしっかりされてから、「エクセル初級講座」「エクセル応用講座」とステップアップされるお客様も多くいらっしゃいます。
普段はOffice2003(もしくはそれ以前のバージョン)を使用しています。エクセル2007の講座を受講しても大丈夫でしょうか?
Office2003(及びそれ以前)とOffice2007(及び2010)では、「画面やメニューの構成」と「データ形式」が異なります。つまり、講座で実習した画面とメニューやボタンの場所や名前が異なり、また2007では使用可能な機能が2003では利用できないこともあります。お持ち帰りになった2007のデータは、2003では基本的には開くことができません。
以上の点につきましては予めご留意いただきたく存じますが、基本的には講師の方でも2003と2007の操作の違い等をフォローしながらご説明いたしますので、今後のOffice2007・2010への移行を見据えたトレーニングの一環としてご受講いただくことでもよろしいかと存じます。実際に通常の業務では2003をお使いですが、2007の新機能や操作にも慣れたいので、2007講座にご参加されるお客様も多くいらっしゃいますので、ご安心いただければと存じます。
関数や式の作成に苦手意識を持っています。どの講座を受講すればよいでしょうか?
どのような業務においても使用頻度が高く、やや高度な関数(IF、VLOOKUPなど)は全て「エクセル応用講座」で取り上げます。また、式作成の基本や合計(SUM)・平均(AVERAGE)等の基本的な関数は「エクセル初級講座」にて説明いたします。
なお、関数を扱う際には、同時に「式作成の基礎」を押さえておく必要があります。式をコピーする際のコピーモードの違い(自動的に行・列番号が変化する(相対参照)か、常に固定の行・列を取る(絶対参照)か)を理解すると、式作成の効率は劇的にアップします。こちらは「エクセル初級講座」「エクセル超速講座」にて説明いたします。

従いまして、基本的な関数や相対参照・絶対参照についての理解に問題がない場合は「エクセル応用講座」を、これら自体に苦手意識があったり、よく分からない場合があるという際は「エクセル初級講座」「エクセル超速講座」からのご受講をお薦めいたします。
大量のデータの分析や集計作業を行いたいのですが、どの講座を受講すればよいでしょうか?
データの集計や分析には、「集計」(エクセル2007では「小計」)やピボットテーブルが役に立ちます。これらの機能は「エクセル応用講座」及び「エクセル超速講座」で習得することが可能です。
また「エクセルデータ分析入門講座」という、様々なグラフとフィルタ・ピボットテーブルを活用した分析の基礎スキルを集中的に習得する講座もございます。
「エクセルデータ分析入門講座」につきましては、「エクセル初級講座」で習得する基本的な内容をご理解いただいている際には「エクセル応用講座」等を飛ばして直接ご参加いただくことが可能ですので、データ分析に必要な基礎スキルを効率よく習得されたい場合にはこちらの講座もお薦めです。

なお、
  • データ数が多い場合(データの項目数にもよりますが、概ね数千件以上)
  • データの更新頻度が多い場合
  • データを複数の方で共有したい場合
  • 定型的なデータ入力と、その分析業務を一緒に行う場合
には、アクセスを活用した方がエクセルよりも遙かに効率的であることが多いです。
一般的なデータ分析処理の場合、アクセス側でデータの加工処理を済ませ、それをエクセルを用いて視覚化すると効率が上がるケースが多く存在します。より高度な処理ですと、このアクセスとエクセルのデータのやりとりや、エクセル上での視覚化処理の効率を上げるためにVBAを組み合わせ、繰り返し行う定型作業を自動化することもあります。
従いまして、ご自身の行いたい分析作業の「ゴール」がどこかをまずは整理しました上で、エクセルだけで間に合わせるのか、アクセスやVBAを一緒に活用するのかを検討されるとよろしいかと思います。
この点につきましては、担当講師が具体的なお話を事前にお伺いしました上でアドバイスさせていただくことも可能ですので、お気軽にお問い合わせいただければ幸いでございます。
見栄えの良い帳票を効率的に作成したいと思っています。どの講座が最も内容的には近いでしょうか?
帳票の作成効率化には「表作成自体の効率化スキル」と「帳票でよく利用される関数」の双方の習得が効果的です。
これらを最も多く取り上げる講座は「オフィス超速入門講座」となります。「オフィス超速入門講座」のエクセル編では実際の帳票作成をテーマとして前述のスキルを取り上げるほか、ワード編では文字入力に関する効率化スキルを、またパワーポイント編では図形作成に関する効率化スキルを集中的に取り上げます。これらは実際の帳票作成時だけではなく、それ以外のバックオフィス系業務全般においても非常に活用範囲の広いスキルですので、一緒にまとめて習得されることで帳票作成、あるいは業務全体の効率化に繋げることが可能です。

なお、ワード・パワーポイントのスキルについては問題が無く、帳票作成に関連するエクセルスキルのみをしっかり学習されたい場合には「エクセル超速講座」もご検討いただければと思います。
「エクセル超速講座」における関数習得の作業テーマにも実際の帳票作成を用いておりますので、こちらでも帳票作成の効率化に必要なスキルを習得していただくことが可能です。

このページの先頭へ

明日から使える知識を1日で!
Office 2007/2010/2013 乗り換え 速習講座

各1講座10,260円 (テキスト代・税込) 3講座パック29,160円 (テキスト代・税込)
4講座パック31,320円 (テキスト代・税込)

お申し込み人数※入力必須
※半角数字で入力してください
会社名※任意
お名前※任意
1講座のみで計算する 3講座パックで計算する 4講座パックで計算する

このページの先頭へ

IT・ビジネス・クリエイティブ系 1日速習講座一覧

このページの先頭へ