トップページ »パワーポイント (PowerPoint)講座一覧»PowerPoint 2010/2007 乗り換え 1日速習講座


1日でできる講座一覧

法人研修のご案内

キャンペーン情報

Ruby・C#プログラミング講座

グループ受講特典

その他のメニュー

セミナールーム・日程

教育サービスのご案内

お申し込み/お問い合わせ

会社紹介

パートナー企業一覧

オフィシャルブログ

セミナー動画紹介

テキスト出版のお知らせ

ExcelVBAセミナーテキスト

ExcelVBAセミナーテキスト
2010/2007/2003対応

日経BP社より好評発売中!

社員研修・社員教育セミナーの一括見積もり
明日から使える知識を1日で!
PowerPoint 2010/2007 乗り換え 1日速習講座
パワーポイント2003以前のバージョンをお使いの方向けに、パワーポイント2013/2010/2007の新しいインターフェイスや機能をご紹介すると同時に、パワーポイント初級・応用編の中から仕事でよく使う部分も同時に学習する講座です。また、バージョンを問わず覚えておきたい「業務効率を上げる便利テクニック」も数多くご紹介します。
本コースではPowerPoint2010または2007を利用した講習を行いますが、2013についての説明も行います。

36,720円 (テキスト代・税込)

コースID日数 / 時間受講スタイル
PP43 1日 / 10:30~17:00 集合研修
対応バージョン
ご受講にあたって
こんな方におすすめ
  • PowerPoint2003やそれ以前のバージョンを使っている、もしくは使っていたことがある方で、2007以上の使い方に慣れたい方
受講前提スキル
  • PowerPoint2003やそれ以前のバージョンを使っている、もしくは使っていたことがある方
目標スキルレベル
  • PowerPoint2010/2007の新機能を使うことができる
  • 2003以前で使っていたデータを新たなバージョンで使うことができる
ご受講のステップ
ステップの中心に表示されている講座が、現在選択されている講座となります。

前提講座(スキル)

arrow

選択している講座

PowerPoint 2010/2007乗り換え
arrow

次のおすすめ講座

研修内容
研修の進め方

テーマごとに新機能の解説と簡単な練習を行います。基本機能の解説と実践的なテーマに基づいた作成演習を繰り返すことで、実務ですぐに使えるスキルを身につけます。

  1. PowerPoint 2010/2007の概要
    PowerPoint 2010/2007の画面構成とメニュー配置、および新機能の概要について説明します
  2. 基本操作の復習
    PowerPointの基本的な構成や、基本操作を復習します。よく使う操作をしっかり覚えることで、業務の効率化に繋げます
  3. プレゼンテーションの作成
    プレゼンテーションの新規作成に便利な「テンプレート」の活用と、スライドの編集に欠かせない「テーマ」の設定および「レイアウト」の変更を学びます
  4. オブジェクトの作成と編集
    プレゼンテーションの構成要素(オブジェクト)で一番基本となる「箇条書き」の基本を復習します。また、情報はビジュアル化することでより伝わりやすくなります。2007からよりパワーアップした図形や写真加工の機能を習得します
    • 箇条書き
    • 図形の作成と編集
    • SmartArtグラフィック
    • 表とグラフの作成
    • 図やイラストの挿入
    • 新しいワードアート
  5. 新しいアニメーション
    作成したプレゼンテーションに「動き」を付ける機能である「アニメーション」は、2010から設定方法が変わりました。ここでは、アニメーションの新機能も含め、設定および活用の基礎を習得します
    • 画面切り替え効果
    • アニメーションの基礎
    • スライドショーの実行
  6. 印刷
    PowerPointにおける印刷形式の種類と、紙資料を作成する上で必要な用紙設定について説明します
SmartArtグラフィックの活用スライドの背景の変更写真の挿入パワーポイントでのグラフ作成アニメーションの設定
講師からのおすすめポイント!
「2007からの新しいインターフェイスでの効率的な作業方法」を始め、新機能や覚えておきたい便利機能、「業務ですぐに使えるポイント」などを短時間で習得できます!PowerPoint 2013/2010/2007になり、これまでのOffice 2003までとはインターフェイスが完全に変わっていますので、是非、本セミナーをスムーズな移行のきっかけにしてください。
受講されたお客様の声

実際にパワーポイント・ワード系の各研修に参加され、アンケートにご協力いただきましたお客様のコメントの一部を抜粋してご紹介いたします。

このページの先頭へ

マイクロソフト パワーポイント(Microsoft PowerPoint) 講座 関連セミナー
目的別おすすめ講座

プレゼンツールとしての活用方法や、効果的なシナリオ作成の要点が学べるパワーポイント講座。目的に応じ、以下の各セミナーのご受講をおすすめします。

パワーポイントだけでなく、ワードやエクセルの実務に役立つ基礎的なポイントも短時間で習得したい オフィス超速入門
パワーポイントの基礎を習得したい パワーポイント初級
パワーポイントの基礎は習得しており、実務に役立つポイントを集中的に覚えたい パワーポイント応用 パワーポイント実践
自己流で学んだパワーポイントにやや不安があるので、基礎も押さえつつ、実務に役立つポイントを効率的に習得したい パワーポイント超速 パワーポイント実践
効果的なプレゼン構成(シナリオ)の作成力を習得したい シナリオ作成入門
プレゼンシナリオとデザインの双方に関する構成力を効率的に習得したい シンプルプレゼン実践
よくあるご質問

パワーポイント・ワード系講座のご受講をご検討中の方からよくいただくご質問と、そのご回答を掲載しています。
なお、こちらに掲載されていない内容に関しての「ご受講前のご相談」も大歓迎です!このページ下側等にある「無料問い合わせフォーム」、もしくはお電話やFAX・メール等にて、お気軽にご相談ください。

パワーポイントは普段使っています。もっと活用したいので、応用編からの受講は可能でしょうか? やはり初級編を受講後でなければ難しいでしょうか?
「パワーポイント初級講座」は、パワーポイントを初めて使う方や初歩的なことから学びたい方を対象に、プレゼンテーションの基本から各オブジェクトの編集について、段階を踏みながら作成方法を一通り学習する講座となります。
一方、「パワーポイント応用講座」は、「パワーポイント初級講座」の内容をご理解の方を対象に、さらに便利・高度な機能をご紹介する内容となっております。「パワーポイント応用講座」につきましては、基本的な作成の流れや操作方法は取り上げません。
また、「パワーポイント初級講座」「パワーポイント応用講座」とは別に、「パワーポイント超速講座」もございます。こちらは、一日の中で「パワーポイント初級講座」で取り上げる基本的な操作を最初に復習後、「パワーポイント応用講座」とほぼ同等の内容を続けて習得する講座となっております。

ある程度ご自分でパワーポイントをお使いの方は、必要に応じて下記のどちらかのご受講をお勧めいたします。
パワーポイントを基礎から勉強したいのですが、初級編と超速編のどちらが自分には合っていますでしょうか?
ワードは使っているけれどもパワーポイントがほぼ初めての場合、またはプレゼンテーションの効率的な作成方法にご不安をお持ちの場合には「パワーポイント初級講座」でまずは基礎をしっかり習得されることをお薦めいたします。
基本的なプレゼンテーションの作成経験をお持ちの場合には「パワーポイント超速講座」にて、基礎の復習からスタートし、その上でより高度な機能までを習得されることをお薦めいたします。

なお、ワードの利用にも苦手意識をお持ちだったり、ITスキルの基礎からしっかり勉強しておきたい方には、「オフィス超速入門講座」もお薦めです。
「オフィス超速入門講座」では、ワード・エクセル・パワーポイントの基本かつ業務でよく利用する機能を集中的に学習します。こちらの講座で基礎固めをしっかりされてから、「パワーポイント初級講座」「パワーポイント応用講座」とステップアップされるお客様も多くいらっしゃいます。
普段はOffice2003(もしくはそれ以前のバージョン)を使用しています。パワーポイント2007の講座を受講しても大丈夫でしょうか?
Office2003(及びそれ以前)とOffice2007(及び2010)では、「画面やメニューの構成」と「データ形式」が異なります。つまり、講座で実習した画面とメニューやボタンの場所や名前が異なり、また2007では使用可能な機能が2003では利用できないこともあります。お持ち帰りになった2007のデータは、2003では基本的には開くことができません。
以上の点につきましては予めご留意いただきたく存じますが、基本的には講師の方でも2003と2007の操作の違い等をフォローしながらご説明いたしますので、今後のOffice2007・2010への移行を見据えたトレーニングの一環としてご受講いただくことでもよろしいかと存じます。実際に通常の業務では2003をお使いですが、2007の新機能や操作にも慣れたいので、2007講座にご参加されるお客様も多くいらっしゃいますので、ご安心いただければと存じます。
パワーポイントで効果的なプレゼンを行うためのスキルを習得したいと思っています。おすすめはどの講座でしょうか?
パワーポイントで効果的なプレゼンを行うためには、各スライド(画面)の効率的な作成テクニックはもちろんですが、同時に「プレゼンの中身」をどのように構成するかという点が非常に大切になります。
中身の適切な構成とは大きく2つの内容に分かれており、一つは「伝えたいことを的確に伝えるための『シナリオ』の構築」であり、もう一つは「図・表・グラフ等を使った、シナリオの効果的な表現方法」となります。

「パワーポイント初級講座」および「パワーポイント超速講座」では、基本的な操作方法や効率的なスライド作成テクニックはもちろんですが、同時に「シナリオ構築」と「効果的な表現方法」の基本も合わせて習得することが可能です。
そして、既に「パワーポイント応用講座」レベルの操作スキルをお持ちの方には、シナリオ構築の基本ロジックを実践的に学ぶ講座として「シナリオ作成入門講座」が、またシナリオの図・表・グラフ等による効果的な表現方法を事例と共に学ぶ講座として「パワーポイント実践講座」がございます。これらの上位講座にご参加されることで、より効果的なプレゼンを行うための具体的な手法を習得することが可能となります。
見栄えの良い印刷資料をパワーポイントで作成したいと思っています。どの講座が最も内容的には近いでしょうか?
印刷資料の作成については、基本的にはプレゼンのスライド(画面)作成スキルをそのまま適用することが出来ます。
これらを最も多く取り上げる講座は「オフィス超速入門講座」となります。「オフィス超速入門講座」のパワーポイント編では実際の印刷資料作成をテーマとして前述のスキルを取り上げるほか、ワード編では文字入力に関する効率化スキルを、またエクセル編では帳票作成に関する効率化スキルを集中的に取り上げます。これらは実際の印刷資料作成時だけではなく、それ以外のバックオフィス系業務全般においても非常に活用範囲の広いスキルですので、一緒にまとめて習得されることで印刷資料作成、あるいは業務全体の効率化に繋げることが可能です。

なお、ワード・エクセルのスキルについては問題が無く、印刷資料作成に関連するパワーポイントスキルのみをしっかり学習されたい場合には「パワーポイント初級講座」「パワーポイント超速講座」もご検討いただければと思います。これらの講座で習得するテクニックは全て、プレゼンスライドだけではなく、印刷資料作成時にも全て応用が可能となっております。

このページの先頭へ

講師がご質問・ご相談にマンツーマンで対応!回数制限もなし!

PowerPoint 2010/2007 乗り換え 1日速習講座

1週間:5,400円

2週間:10,800円


当講座は受講後サポートオプションの対象講座です。講師が受講後最大2週間、ご質問・ご相談にマンツーマンで対応いたします。 受講後サポートオプションを併せてご利用の場合、サポート期間中のご質問・ご相談はメールもしくはFAXにて回数制限なしで受付いたします。業務に関連する内容もご質問・ご相談可能ですので、ぜひご活用下さい。

このページの先頭へ

明日から使える知識を1日で!
PowerPoint 2010/2007 乗り換え 1日速習講座

36,720円 (テキスト代・税込)

お申し込み人数※入力必須
※半角数字で入力してください
会社名※任意
お名前※任意

このページの先頭へ

IT・ビジネス・クリエイティブ系 1日速習講座一覧

このページの先頭へ